私たちについて

県政ニュース・新聞等への掲載

新型コロナで困窮する世帯へ食料約3万個配付

 新型コロナウィルス感染症拡大に伴い、日常生活に困難を抱える個人や世帯が急激に増加しています。

 そうした状況を受け、本会では4月28日(火)から順次、さんまの缶詰、カップうどん、牛丼、白米約30,000個を推進協に加入している197箇所の社会福祉施設と60の市町村社会福祉協議会、各市町村に設置されている自立相談支援機関に配送し、食料支援を実施いたします。

 なお、さんまの缶詰は(株)セブン-イレブン・ジャパンから寄贈いただきました。

   現在、新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業でお困りの方向けの資金の貸し付けを行っている市町村社会福祉協議会や生活にお困りの方の相談窓口となっている自立相談支援機関、彩の国あんしんセーフティネット事業実施施設を通じて、生活にお困りの世帯へ食料をお渡しします。

県政ニュース・新聞に掲載されました

 推進協議会で実施している「衣類バンク事業」と「彩の国あんしんセーフティネット事業(生活困窮者への相談支援)」が県政ニュースおよび新聞に掲載されました。以下のとおりお知らせいたします。

MENU OPENMENUCLOSE

PAGETOP